オデッセイの乗り心地は?

オデッセイ(5代目)の初期型の乗り心は・・・

 

オデッセイの5代目が登場したのが2013年11月。ちょうど4年前でした。私がオデッセイアブソルートEXを購入したのが2014年の10月。ちょうど3年前です。

 

オデッセイ 値引き

 

 

目次 []

 

つい最近まで、私のオデッセイの少しだけバンピー(段差で跳ねる)なところはありましたが、最低限の乗り心地は確保している事に妻も私も満足していました。ミニバンにしては少し足回りが硬かったのは事実です。しかし、車に酔いやすい私の妻は、足回りがフワフワのトヨタ車のミニバンでは酔ってしまって試乗だけでダメでした。

 

 

そんな妻が、オデッセイの試乗では全く酔わなかった事が決め手になってオデッセイを購入しました。
結果的に、元々低重心のオデッセイで少し硬めの足回りなので、ミニバンらしからぬキビキビとしたハンドリングがとっても気に入っています。

 

 

オデッセイを116万もお得に購入したオーナーがアナタに贈る、

お得なオデッセイの買い方はトップページをご覧下さいね。

↓ ↓ ↓

トップページへ戻る

 

 

 

 

オデッセイ(RC)の発売当時ダメだった点は・・・

 

オデッセイの乗り心地は悪いと言ってもそのレベルで、オデッセイを買って良かったと感じていたのです。
しかし、私が2014年に購入したオデッセイのガソリン車(当時のオデッセイにはガソリン車しか選択肢が無かった)は燃費があまり良くなかったのです。買い物等で街乗りすると、メーターの燃費メーターが平気で5km/リットル台後半とか、平均すると6km/リットル台でした。オデッセイの前はトヨタの古い、マニュアルのターボ車に乗っていたのですが、新車を購入して古いターボ車と変わらないレベルの燃費はさすがにガッカリでした。

 

 

オデッセイハイブリッドが2016年に発売されて、しかも燃費が24km/リットルという衝撃のスペックである事を受けて、
オデッセイハイブリッドの購入検討を始めました。

 

 

オデッセイからオデッセイハイブリッド、というホンダさんにとっては良い客に違いないはずの発想を持った私達夫婦は
衝撃の真実を知ることになります。

 

 

オデッセイハイブリッドを試乗した際の衝撃とは。

 

繰り返しにはなりますが、オデッセイを購入して丸3年が過ぎたオデッセイアブソルートEXの事を、私達夫婦はとっても気に入っていたのです。今でもオデッセイはとても良い車だと思っています。これからもっともっと売れるだろうと思います。

 

 

上でも書きました通り、オデッセイアブソルートEX(ガソリン車)は街乗りだと実燃費が6km~7km/リットルです。エコモード(省エネ機能で、アクセルを踏んでもスピードが出にくい)で運転していて、のお話です。

 

 

そこで、我が家では長期的な視点で考えて
オデッセイハイブリッドを検討し始めました。とにもかくにも試乗です。
ハイブリッドになると静かで良いですが、パワーが無いかも知れません。ガソリン車よりも何かが劣っているかも知れません。

 

 

ガソリン車と比較して、オデッセイのハイブリッドは価格がウンと高いので慎重に検討しようと考えました。
また、初期型のオデッセイは足回りが固過ぎるという市場評価があったので、もしかするとメーカー側でマイナーチェンジが行われている可能性を考えて現在販売しているオデッセイのガソリン車にも試乗する事にしました。

 

 

正直、試乗しなきゃ良かったです。

 

 

私が2014年に購入したいわゆる”初期型”オデッセイの乗り心地と、試乗したオデッセイハイブリッドの乗り心地が雲泥の差であることを知ってしまったのです。グレード上は同じオデッセイであるにも関わらず、です。

 

 

特にオデッセイハイブリッドに至っては乗り心地に文句のつけようがありません

 

 

↓つまり、乗り心地の良さを表すとこうなります。↓
OHV  現O  旧O

 

オデッセイハイブリッド: OHV
現行オデッセイ: 現O
初期型オデッセイ: 旧O

 

 

オデッセイハイブリッドを運転席の感覚だけでも随分と改善されている気がしましたが、自分の感覚だけでは何とも言えませんでした。より乗り心地が判りやすい2列目、そして3列目にも妻と娘に乗ってもらって再び試乗してみました。

 

 

結果、妻の感想は、

 

ここまで違うと、何だかショックだね・・・。

 

という物でした。そう、それくらい、
現在発売しているオデッセイの乗り心地は良かったのです。

 

 

元々少しバンピーなだけで、私のオデッセイの乗り心地にもあまり不満はありませんでしたが、そう妻に言わせたほど、
現行オデッセイの乗り心地は良い物に仕上げられていました。

 

 

オデッセイ購入と足回り改善キット

 

実は、初期型のオデッセイを買ってすぐの状態は、想像以上に跳ねる車ですぐにホンダカーズにクレームを入れました。すると、やはり他のオーナーさんからも相談が入っている事が判りました。それを受けて、ホンダも「足回り変更キット」という物をリリースすることが判り、そのサスペンションキットが入手できた2014年の納車から約2ヶ月後に、約2万円弱だった部品代は私が負担、工賃はディーラーさんが負担してくれて交換するに至りました。

 

オデッセイ 値引き

 

↑なぜ私が負担するか?それは、ホンダ側の言い分としては「乗り心地が良い悪いは事前に評価して買って頂いた前提のはず」、という事と、「そもそもオデッセイアブソルートEXはオデッセイのシリーズの中で”最もスポーティーさを打ち出すグレード”である為、ハンドリングを重視している。(ので乗り心地が犠牲になっている)」、という事だったのです。

 

一応試乗してから買ったのは事実ですので、残念ながら100%ディーラー負担というのは少し理不尽であり、今後のサポートをお願いするオデッセイオーナーの身としては一歩折れておくべきと判断しました。

 

 

 

オデッセイの足回り改善キットを入れた結果

 

オデッセイを購入、納車されてわずか2ヶ月程度で足回りの改善サスペンションキットを入れてもらったので、正直納入直後はどれ程乗り心地が悪かったのか記憶が薄れてしまっています。とにかく記憶にあるのは、この「足回り改善キット」を入れた事で、妻の評価が良くなったことです。

 

オデッセイハイブリッドを試乗してしまった今、考えると相変わらず段差で跳ねる傾向はありましたが、一言で言えば、跳ねる瞬間の角が取れたのです。数万円の比較的少ないお金で改善できた事にホッとしていました。以来2年10ヶ月、オデッセイの乗り心地は特に気にしないようにしてきました。もちろん、首都高速などの”継ぎ目”や一般道でもちょっといしたデコボコでは結構跳ねるので、気をつかって運転し続けていますが・・・。購入した当初に比べれば全然許容範囲にはなりました。

 

 

ところが、今回最新のオデッセイを試乗した結果、「私が買った初期オデッセイは段差で跳ね気味である」という点がより気になるようになりました。それくらい今販売されている
オデッセイの乗り心地は良かったのです。

 

 

 

 

長くなってしまったので、続きは改めて書きますね。
続きは→コチラからどうぞ

 

 

 

トップページへ戻る

関連ページ

オデッセイハイブリッド 乗り心地|大人気なワケはここにあった!
オデッセイを約120万円も安く買ったオーナーならではの、オデッセイに関するアレコレを書いています。実は5代目オデッセイ(RCオデッセイ)の発売当初はとても乗り心地の評判が悪い物でした。発売から3年が過ぎた今、満を持して登場したオデッセイハイブリッドの乗り心地と、その人気の秘密に迫ります。
オデッセイの乗り心地改善|究極の改善方法はコレ!
オデッセイをとってもお得に買って、基本的には気に入っていたのですがどうしても後部座席の乗り心地が気になるようになってしまいました。パワーも、乗り易さも、ハンドリングの良さも最高なオデッセイ。あと乗り心地さえ良ければ・・・という事で本気で改善することにしました。