オデッセイ 値引き 目標

オデッセイの値引交渉をやっていて、限界としての目標は50万円が良いと思います。

 

目次 []

 

値引き交渉については限界まで頑張る必要がありますが、私の場合は、もっと簡単に資金を捻出することができました
意外に知られていないとある方法・・・

 

↓トップページに書いておきました。宜しければご覧下さい^^

 

トップページへ戻る

 

 

 

私の通った近所のホンダディーラーではそもそも本体価格とオプション価格の区別が無いそうです。これはホンダディーラーでも販売店によって違う可能性がありますので、皆様自身で数店舗と話してみてくださいね。私自身は時間が無かったのでホンダディーラーは複数店舗を比較できませんでした。 (別コラムで書きました通り、私はトヨタ車を買おうと考えていたのでそちらで時間を使いました)

 

 

オデッセイの値引きにおける目標が50万円という根拠ですが、私自身が2014年10月初旬、オデッセイアブソルートEXに対して得た値引きが約50万円です。10月ですので、実は半期決算が9月末に終わったばかりです。ディーラーさんはどうやら30万円くらいで販売したがっていました。が、私自身予算の都合があった事と、話せば話すほど「もう少し行けそうだな」という感触がありましたので、更に交渉を重ねた結果です。

 

 

 

私が通っていたディーラーにおいては、オデッセイに関しては営業担当者の値引き決済権が20万円と言う事がわかりました。それに加えて20万円程度は店長決済で行ける感触です。つまり、あまり交渉的なステップを踏まなくとも、そのお店が「売りたい」と感じたら40万円までは下げられる可能性があるということです。値引きとはお店がお客さんに売りたい時に行う”背中押し”のツールですので。

 

 

 

 

この先は都道府県によっても違うかも知れませんが、元締めはホンダ本社ですので大きくは違わないであろうと考えています。基本的に店長決済を超える額はその上に部長決済があるそうです。ここで50万以上の場合。もしかしたら60万は役員決済まで行ければ可能かもしれません。

 

 

 

 

繰り返しになりますが、私自身は今回時間の都合でそこまで交渉できなかったので、50万弱の値引きで手を打ちました。が、可能性としては値引き50万円強は目指せたと思います。オデッセイの中でもアブソルート、アブソルートEXは2014年10月時点では足回りの固さが災いして在庫が余っている様子でした。この在庫に、最近出てきた改善型サスを搭載してもらう交渉をすれば(勿論値引交渉とは別で)現行車種と変わらない足回りが得られます。ホンダにとっては在庫を掃け、私達にとっては気に入ったオデッセイを安く買えます。完全にWin-Winですので、最大値引きを得やすい状況です。

 

 

 

一方で50万ともなると、かなり綿密に、時間をかけてディーラーとの打合せに望まなければ難しい値引き金額です。あくまで「限界」という内容です。通常は40万円くらいを目標とされると良いと思います。他車種との比較、予算の都合、そしてオデッセイの足回りに関する不安。この辺を材料にうまく引き出されると値引き獲得の成功率が上がると思います。

 

 

以上、ご参考になりましたら幸いです。

 

トップページへ戻る

関連ページ

オデッセイの値引き相場|値引き交渉の際に重要な相場のご紹介!
オデッセイを買いました。最新の値引き相場や、お得なオデッセイの買い方をご紹介しています。オデッセイオーナーならではの情報を公開しますので、これからオデッセイオーナーになる事を検討されている貴方の参考になればと思います。
オデッセイ 値引き交渉|不慣れな貴方もこれを読んで賢く値引き交渉!
オデッセイを買った際にしっかりと値引き交渉をして、最高グレードを選び、欲しいオプションを全て取り付ける事ができました。実際に体験した交渉をレポートしつつ、定石と言える値引き交渉方法、そして裏技と言えるお得なオデッセイの買い方を公開しています。